産後脱毛はなぜ起こる?原因と対策は育毛剤

MENU

産後脱毛の原因は女性ホルモン

女性は、妊娠すると女性ホルモンが増加します。女性ホルモンには2種類あり、コラーゲンを生成するよう働きかけ、肌や髪をつやつやにするエストロゲンというホルモンと、栄養分や水分を体内に閉じ込め、子宮の状態を整える作用を促すプロゲステロンというホルモンです。これらの女性ホルモンのため、妊娠中の女性の髪は抜けにくく、生え変わりにくい状態になっています。ところが、これらの女性ホルモンは、出産が終わると急激に妊娠前の分泌量に戻ってしまいます。そのため、妊娠中は抜けにくかった髪が、一気に生え変わりをはじめるのです。その際に、本来抜けるはずだったけれど女性ホルモンの影響で抜けていなかった髪も抜け落ちるため、大量の脱毛があるように感じられるのです。

産後脱毛への対策とは

女性ホルモンが妊娠前の状態に戻ることで、産後脱毛は自然と終わります。一度は大量に減ったかのように見える髪も、一年程度で出産前と同程度まで回復します。ただし、産後脱毛をしてから、ストレスや疲労によって生え変わりに支障が出てしまった場合は、元の髪の量まで戻らないこともあります。また、元の量に戻るまでに、せっかく生え変わるのであればきれいな髪を手に入れたいと思う人も多いでしょう。対策としては、ミネラルを多く含んだ食事を心がけることと、休息を十分にとり、ストレスをなるべく溜めずに生活することです。もし出産から1年程度経っても髪の量が戻らないという場合は、女性用育毛剤を使用したり、かかりつけ医に相談してみるのがよいでしょう。


<関連情報>

あわせて読んでおきたい産後脱毛に育毛剤を使う場合の注意点はこちら

血流がひどい状態だと…。 | 育毛剤について

対策を開始するぞと考えても、そう簡単には動くことができないという人が大部分だと言われています。だけれど、直ぐに手を打たなければ、一段とはげが悪化します。元々育毛剤は、抜け毛を防止することを目的にした商品です。ところが、最初しばらくは「抜け毛が増えた、はげが酷くなった。」と感じる方も見受けられます。それというのは、初期脱毛だと考えます。AGAや薄毛をどうにかしたいなら、あなたの悪い習慣をブロックしたり、栄養補充も大事ですが、その部分だけを気に掛けていても、育毛・発毛を期待することは不可能です。実績のある治療と相まってこそ、育毛・発毛を促すことが可能なのです。

専門医に診断してもらって、ようやく抜け毛が薄毛へと進展する危険性があると教えられることもあるようです。今すぐにでも医者にかかれば、薄毛で悩むことになる前に、ほんのちょっとした治療で済むことも考えられます。ライフスタイルによっても薄毛に陥りますので、デタラメな生活サイクルを軌道修整すれば、薄毛予防、プラス薄毛になる時期を遅延させるみたいな対策は、そこそこできるのです。通常AGA治療となると、ひと月に一回の経過観察と服薬がメインとなっていますが、AGAの方専門に治療する医院におきましては、発毛が望める頭皮ケアも重視しております。皮脂がたくさん出てくるような状況だと、育毛シャンプーを用いたからと言って、回復するのは凄く大変なことだと思います。

ベースとなる食生活を改善することから始めましょう。明確に成果を感じ取れた方も多々ありますが、若はげに繋がる原因はまちまちで、頭皮状況につきましても人により様々です。あなたにどの育毛剤がしっくりくるかは、塗ってみないと把握できないと思います。髪の毛をキープするのか、蘇らせるのか!?何を目的にするのかで、あなたに適応する育毛剤は相違するはずですが、大事なことは有用な育毛剤を見い出すことでしょう。若はげにつきましては、頭頂部からはげる方も目にすることがありますが、多くは生え際から減っていくタイプになると分かっています。大体、薄毛と言われますのは髪が抜け落ちている現象のことを意味します。


今の社会においては、落ち込んでいる人はとっても多くいると考えられます。薬を用いるだけのAGA治療を実施しても、片手落ちだと想定されます。AGA専門医による効果的なトータルケアが気持ちを楽にし、AGAを良くするのにも力を発揮してくれるのです。それ相当の原因で、毛母細胞であったり毛乳頭の機能が悪くなると、毛根の形が変貌を遂げてしまいます。抜け毛の数は勿論の事、毛先や毛根の現状をチェックしてみた方が賢明です。抜け毛に関しましては、頭髪の成育循環の間で発生するまっとうなことなのです。むろん毛髪の全本数や成長サイクルに相違がありますから、一日の内に150本毛髪が抜けたところで、その数字が「毎度の事」となる方も見受けられます。血流がひどい状態だと、酸素が毛根までキッチリと運搬されないという事態になるので、頭髪の発育が悪くなるでしょう。日頃の習慣の改良と育毛剤を利用することで、血の巡りを良化することが必要です。